浄水器にはタイプの異なるものが何種類かあります

  • 逆浸透膜方式の浄水器

    • 大震災の影響で、飲み水の安全性を不安視する声が上がっています。
      それは水道水だけでなく、一般の家庭用浄水器も同様で、本当に安全な水なのか疑われています。

      目的に応じてOEMの化粧品情報を調べられるこのサイトはオススメです。

      そもそも家庭用浄水器の除去項目には、放射性物質は含まれていません。


      よって放射性物質が気になる場合は、放射性物質の除去に特化した浄水器を選ぶ必要があります。
      そこで注目されているのが、逆浸透膜方式の浄水器です。
      逆浸透膜は0.5〜2ナノメートルの極めて小さい孔が開いた膜で、この膜を通して水を濾過します。

      福岡のもつ鍋情報に精通したサイトです。

      放射性ヨウ素131の大きさは10〜100ナノメートルとされるので、逆浸透膜によって飲料水には含まれません。


      放射性物質にはそれぞれ異なる性質を持っています。


      例えば放射性ヨウ素は水に溶けにくく、甲状腺に蓄積しやすいですが、放射性セシウムは水に溶けやすく骨に溜まります。



      放射性物質の知識を持った上で、それに対応した逆浸透膜方式を導入します。

      またウイルスも通しません。


      最も小さいとされるピコルナウイルスやパルボウイルスでも、大きさがおよそ20ナノメートルです。



      逆浸透膜に破れがない限り、放射性物質やウイルスが水を通して体内に入ることはなく、家族に安全な水を与えることができます。



      一方で、逆浸透膜方式は、ランニングコストがかかります。初期費用で5万円以上、それ以降も年間で2万円〜3万円と経済的負担は免れません。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8777210.html

      また他の浄水器と比べると、取り扱っているメーカーが少ないです。
      浄水器にはいろいろな種類が有ります。一般的なものは水道の蛇口に取り付けるタイプで、常に蛇口からきれいな水が出るので非常に使いやすいものです。しかし、このタイプには意外な落とし穴も有ります。


      まず、常に常に浄水機能を働かせていることが多い為カートリッジの消耗が激しい点です。


      製品により異なりますが概ね2か月ないし3か月程度でその効果は無くなってしまいます。



      しかもそのまま使い続けるとカートリッジに付着した雑菌が逆に流れ出てしまうという逆効果も現れ、定期的に交換しないといけません。

      http://m3q.jp/?tag=%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81

      大抵のものは浄水器を通さないように切り替えられるようになっていますが、それでは意味が無いので定期的に交換することになります。さらに、そのカートリッジが比較的高額なため浄水器の維持費が結構掛かります。


      しかし、常に清潔で美味しい水が蛇口をひねれば出るというのは嬉しいものです。

      一方、最近よく目にするのがボトル型の浄水器です。


      これはどちらかというと水から雑菌を除去するというよりは水にミネラルを付加するといった性質のもので、ボトル型のため冷蔵庫で冷やして置けるのが魅力です。

      自宅で簡単にミネラルウォーターが作れるのでお米を炊いたり、料理に使用するときには非常に重宝するものです。
      しかし水道の蛇口に付けるものに比べ雑菌を除去する効果は少ないので、併用する家庭も増えています。

      このように浄水器にはそれぞれの特徴があります。

      この特徴を理解して上手に使い分けることで毎日が快適になります。

  • 関連リンク

    • 多くの人が知っている浄水器は、蛇口直結型です。コンパクトで取り付けが容易なので、購入してすぐに利用できます。...

    • 水道水はそのまま飲めないという地域が増え、自宅にウォーターサーバーを置いたりミネラルウォーターを買う方が増えています。経済性を考えて、スーパーで汲む事ができる浄水を貰って来ている方も多いのでは無いでしょうか。...