浄水器にはタイプの異なるものが何種類かあります

  • 浄水器の種類と特徴について

    • 多くの人が知っている浄水器は、蛇口直結型です。コンパクトで取り付けが容易なので、購入してすぐに利用できます。


      本体価格が、他の浄水器と比べて安いので、多くの家庭で家事に活用されています。
      普通の水道の蛇口から出る水を安全にするので、妊娠中などでペットボトルの水を持ち運びが難しい場合に便利です。

      コストは水道代と本体、カートリッジ代だけなので、維持しやすいです。


      しかしカートリッジが小さいので、頻繁に交換する必要があります。

      化粧品のOEMメーカー情報サイトをご利用下さい。

      製品によっては性能がそれほど高くなく、不純物を除去しきれない場合があります。


      次に、本格的に水をきれいにするのが、据え置き型の浄水器です。



      キッチンのシンクの上に設置して、水道水から曳いた水をろ過します。

      本体が大きいのでカートリッジの寿命が長く、交換する手間を省きます。


      設置するためには取り付けられる蛇口が指定されていますが、工事をしなくても設置可能です。
      またろ過する働きだけでなく、水の美味しさを追及しています。お米を炊くのに適した軟水を生成するものや、体に良いアルカリイオン水のものなど高性能の製品が販売されています。

      多くの有害物質を除去できますが、やや値段が高いです。
      そして、水差しの形をした容器にカートリッジを装着することできれいな水を供給するのがポット型浄水器です。使い方が簡単で、値段も安いです。

      しかしきれいになる水はポット内の水だけで、大量にろ過したい場合には向いていません。



      浄水器は水道水をろ過して、有害物質や残留塩素、カルキ臭、カビ臭などを取り除いて水道水を安全な水にして安心して、料理や飲料に使える水にしてくれるものです。

      浄水器には色々な種類のものがあるので、どれを選ぶと良いのかと迷うことがあります。



      そのときにはまず目的にあった水はどういうものなのかを明確にしてみましょう。浄水器を通した水にはあるありイオン水や軟水、など様々な性質を持ったものがあります。

      話題のピーシーエヌのいろいろな情報を集めました。

      健康を重視したいと言う場合にはアルカリイオン水、赤ちゃんのミルクなどに使いたいという場合にはアルカリイオン水ではない中性の水などが出るようになるものを選ぶようにすると良いでしょう。


      また取り付ける場所もポイントです。

      http://girlschannel.net/topics/799941/

      蛇口の近くに据え置き型を設置できるスペースがあるのか、水道の蛇口に直接取り付けるものにするのか、ポット型にするのかなどで選ぶタイプも違ってきます。

      http://biz-journal.jp/2016/06/post_15328_2.html

      また取り付けたらそれで終わりではありません。

      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7130029.html

      浄水器の中のカートリッジは使っているうちに浄化機能が減退してきます。
      そのため決められた目安期間で定期的にカートリッジを交換する必要があります。交換用のカートリッジの費用も種類によって様々なので、交換するカートリッジ費用もきちんと考えて選ぶようにしましょう。

      またお湯が使用できるのお手入れはしやすいものなのかなどの使い勝手も選ぶ際のポイントとなります。

      浄水器は毎日使用するものですので、こういったポイントを押さえて選ぶようにするのがおすすめです。


  • 関連リンク

    • 多くの人が知っている浄水器は、蛇口直結型です。コンパクトで取り付けが容易なので、購入してすぐに利用できます。...

    • 水道水はそのまま飲めないという地域が増え、自宅にウォーターサーバーを置いたりミネラルウォーターを買う方が増えています。経済性を考えて、スーパーで汲む事ができる浄水を貰って来ている方も多いのでは無いでしょうか。...