浄水器にはタイプの異なるものが何種類かあります

  • 浄水器にはタイプの異なるものが何種類かあります

    • 生活をする上で水は欠かせません。
      普通は水道や井戸などの水を使いますが、飲用や料理に使う水に含まれている有害物質が気になる人も多いようです。


      水の中の有害物質除去の対策としては、浄水器を備え付けたり、ミネラルウォーターを使用したり、ウォーターサーバーという水の宅配サービスの利用などがありますが、ここでは、浄水器について、タイプ別にいくつか紹介してみます。

      比較的安価で構造も簡単なものに、活性炭を使ったものがあります。

      活性炭は、表面にたくさんの小さい穴があって、水が通過する時に有害物質など不純物を吸着して水をきれいにします。


      これに似たタイプには、フィルターやろ過膜などで不純物を除去するものもあります。徹底的に純粋な水を作り出せる浄水器に逆浸透膜を使ったものがあります。

      これは、ほとんど水の原子レベルの大きさで不純物を除去できる逆浸透膜という一種のフィルターを利用して水をきれいにします。


      この浄水器は、ほとんどの不純物、例えば、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分も除去してしまいます。
      それでできる水は、100パーセント水の分子だけでできている純水とよばれるものです。
      ただ、この純水は何も溶けこんでいませんので、そのまま飲むのは余り体に良くありません。お茶やコーヒーなど何かを溶かし入れて飲むのが良いでしょう。

      このような逆浸透膜を使った浄水器は産業用がほとんどですが、数は少ないものの家庭用もあります。購入するかレンタルするかで費用が多少違っていますが、月に1万円以下で利用できるレンタルサービスもみかけられるようになっています。


      浄水器は水道水から出てくる水をろ過して、水道水に含まれる残留塩素やトリハロメタン、カビ臭などを取り除き安心して料理や飲料として使える水にしてくれるものです。
      一口に浄水器と言ってもその種類はいくつもあります。
      一般的には蛇口の先端に取り付けるだけの蛇口直結型、蛇口の近くのスペースに設置する据え置き型、ポット型などがあります。手軽に使い始めることができるのは蛇口直結型やポット型です。

      蛇口直結型は蛇口の先端部分に取り付けるもので、蛇口にも種類が色々とありますがほとんどの蛇口に取り付けることが可能です。

      蛇口の先端を一度外して蛇口の形にあったパッキンを取り付け、それから浄水器を取り付けます。

      水を出してみて水漏れが起こらなければ、取り付けは成功です。
      浄水器はフィルターを通すことによって、水の様々な汚れや物質などを取り除くことができるようになっています。

      そのため定期的にフィルターを交換しないとその機能は減退してしまうので注意しましょう。


      フィルターは商品によって異なりますが、3ヶ月から1年など取り替えの目安期間が説明書などに記載されています。

      その期間を参考にして定期的に取り替えるようにすると良いです。


      ポット型はポットの中にカートリッジが設置されていて、水をポットに入れて浄水します。
      比較的コンパクトで冷蔵庫などにも収めやすい大きさのものが多いです。


      浄水スピードも速いのが特徴で、蛇口直結型を取り付けられない場合などにはポット型がお勧めです。







      OEMのドクターズコスメの化粧品に関する情報を公開中です。



      http://smany.jp/3361



      http://matome.naver.jp/odai/2137158321650821701

  • 関連リンク

    • 水道水の殺菌消毒には塩素が使用されており、そのまま使用するのは不安だという方も数多くいます。水道水をより安全に使用するための役目を担っているのが浄水器であり、最近ではその種類や使用方法も非常に多岐にわたっています。...

    • 家庭で、おいしく安全な水を、手軽に飲みたいと思った時に適しているのが、浄水器です。現在、その種類は多様化していて、大きさや機能、価格も様々なタイプが販売されています。...