浄水器にはタイプの異なるものが何種類かあります

  • 浄水器を使って安全な暮らしを

    • 水は全ての生き物が生きていく上で欠かせない大切な要素で、私達の健康にも大きく関わっています。食の安全性などが問われる今日、水の安全についても考える必要があり、家族の健康を守るためには飲料や料理に使う水に不純物が混ざっていないことをしっかり確認しなければなりません。しかし、自分で水源や水道水を選ぶことはできないので水の管理は地域の水道局に委ねることになります。

      マンションなど集合住宅では共同の貯水タンクに一度入れた水を使用するケースが多く、タンクの衛生管理や水質の状態についても不安が残ります。


      そこで利用したいのが浄水器です。


      浄水器を使うと水の中に含まれる不純物をろ過して取り除くことができるので、自宅で安全な水道水を作ることができます。


      浄水場での処理に使われる中性アルミニウムや水道管内の錆、水に紛れこんでいる農薬などの有害物質、カビ臭さや不快な臭いなどをしっかり除去するので普通の水道水が透き通るようなおいしい水に生まれ変わります。

      最新の浄水器はミネラル分や人に優しい成分は残して有害物質だけを取り除くので市販のミネラルウォーターよりもおいしくて健康な水が簡単に手に入ります。


      浄水器は蛇口に取り付けるタイプやシンクの下に設置するタイプ、最初から水道管に組み込まれているタイプ、水道水を入れて使うカートリッジ付きのポットタイプなど様々な形状があるので、キッチンの大きさや家族の人数などに合わせて自由に選んで安全な暮らしに役立てましょう。


      常に安心できる水を飲むためには、浄水器を定期的にメンテナンスすることが大切です。

      メンテナンスで最も知られているのが、カートリッジ式です。


      様々なフィルターをカートリッジ内に詰め込み、それを新しく取り替えることで浄水能力を回復させます。

      フィルターは使い捨てで、蛇口直結型やビルトイン型の浄水器で数ヶ月に1回、据え置き型やセントラル型で1年に1回の交換が目安とされます。


      交換するたびにフィルター代がかかります。

      しかし毎日使用することを考慮すれば、1日当たり数円程度とコストパフォーマンスが高いです。カートリッジを交換するのは容易で、各家庭で対処できます。

      次に、フィルターを長期間交換しなくて良いと宣伝されるのが、逆洗浄方式です。
      しかし実際はカートリッジ式より頻繁にメンテナンスが必要で面倒です。1週間〜10日に1回はホースを繋ぎ変えて、水を逆流させます。60℃以上のお湯で水圧を最大にして20分間流しっぱなしにします。
      お風呂にお湯を張るより水道代やガス代がかかる方法です。


      カートリッジを購入する費用はいらないですが、かえってお金がかかります。

      また繰り返しホースを繋ぎ変えることは、パーツの緩みや劣化を引き起こして水漏れする恐れがあります。
      さらにフィルターを使わないで磁気を利用した浄水器があります。メンテナンスの必要は全くありませんが、磁気が水を浄化できるのかは解明されていません。

      浄水器としての機能が認められないので、不純物が混じる可能性があります。

      無添加のOEMの化粧品を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

      オリジナル化粧品について紹介しています。

      保安用品にはこちらのサイトが最適です。

      保安用品は絶大な支持を受けています。

      1人1人に合ったカリフォルニアワイン関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

      http://okwave.jp/qa/q1321527.html

      https://allabout.co.jp/gm/gc/464562/

      http://www.yomiuri.co.jp/local/tochigi/feature/CO004124/20140115-OYT8T00064.html

  • 関連リンク

    • 多くの人が知っている浄水器は、蛇口直結型です。コンパクトで取り付けが容易なので、購入してすぐに利用できます。...

    • 水道水はそのまま飲めないという地域が増え、自宅にウォーターサーバーを置いたりミネラルウォーターを買う方が増えています。経済性を考えて、スーパーで汲む事ができる浄水を貰って来ている方も多いのでは無いでしょうか。...