浄水器にはタイプの異なるものが何種類かあります

  • ポット型の浄水器を選ぶポイントとは

    • 自宅で使う浄水器を購入する際にはまず大きめのろ過装置を使う据え置き型や直接蛇口に付けるもの、ポット型のものなどだいたいこの3種類から選ぶことになります。



      この中でもポット型は浄水性能が他の2つと比べ高くないという特徴がありますので、選ぶ際にはデザインより先に「浄水能力」の方を基準に考えることがポイントになります。一口にポット型といっても各社が採用している浄水フィルターは異なり除去できる物質も違います。

      主に活性炭やセラミックや中空糸膜などを組み合わせて作られているのですが、活性炭とは炭に開いている小さな穴で不純物をろ過する仕組みで、水道水の残留塩素であるトリハロメタンやカルキの臭いなどを取り除いてくれます。

      あなたにぴったりの小ロットのOEM化粧品について詳しく知りたいならこのサイトです。

      ただ時間が経つと内部でカビの発生や雑菌が繁殖しやすいという弱点があります。
      次に中空糸膜ですが中空糸と呼ばれる特殊な素材で作られており、水道水の鉄サビや濁りまた雑菌などの汚れを取り除くことが出来ます。

      市販されているポット型浄水器にはこのろ過材3つ全部か、活性炭とセラミックだけを組み合わせているというタイプが多いようです。



      ただ自宅が配水管などに鉄材が使用されていることが多い古い家であるならば、水道水に赤サビが発生している可能性は高いですから鉄サビや濁りを取り除いてくれる中空糸膜を使用した浄水器の方が向いていると思います。また活性炭の弱点である雑菌が繁殖しやすいいう点も中空糸膜を使用した浄水器ならカバーしてくれますので、似た様な値段でどちらにするか悩んだ時などはこの2つのろ過材を組み合わせているタイプをお薦めします。



      浄水器とは、水道水に含まれる残留塩素や有害物質の除去または減少を行い、安全で美味しい水を作る装置の事です。



      浄水器にセットされたフィルターには、活性炭やろ過膜、逆浸透膜などが組み合わせてあり、活性炭で残留塩素や有機物などを吸着し、ろ過膜等で細菌やカビ、赤サビなどを取り除きます。

      浄水器は蛇口に取り付けるだけで手軽に使える蛇口直結型や、キッチンのシンク上に設置する据え置き型などが一般的ですが、その他にも様々な種類が存在します。アンダーシンク型と呼ばれる浄水器は、据え置き型とほぼ同等の機能を持ちながら、シンクの下に設置する事でシンクの場所を取らないタイプです。
      取り付け時に工事が必要なケースが多いですが、一度取り付けが終われば大きなフィルターが使え、フィルター交換は年1回程度で済むので、ランニングコストに優れるというメリットもあります。

      http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/3228.html

      蛇口直結型のように手軽で安価なタイプに、ポット型浄水器があります。

      http://girlschannel.net/topics/117763/9/

      容器はポットの形をしており、その中にフィルタやカートリッジを装着できる仕組みです。ポットに水道水を注ぐだけで簡単に使え、手入れがしやすく衛生的です。

      他の種類と違い、持ち運びができるので、冷蔵庫で水を冷やしておく事もできます。しかし、浄水性能は据え置き型などに比べ高いとは言えず、きちんと浄水を行うには時間がかかります。
      また、ポットに入る水量しかろ過できません。
      ですので、お茶やコーヒーなど、飲料に使う水をろ過したい場合に適したタイプで市。

      https://iemo.jp/39103

  • 関連リンク

    • 多くの人が知っている浄水器は、蛇口直結型です。コンパクトで取り付けが容易なので、購入してすぐに利用できます。...

    • 水道水はそのまま飲めないという地域が増え、自宅にウォーターサーバーを置いたりミネラルウォーターを買う方が増えています。経済性を考えて、スーパーで汲む事ができる浄水を貰って来ている方も多いのでは無いでしょうか。...